« 東京生存権裁判で不当判決 | トップページ | G8 市民サミット2008 »

中央社保協第52回総会

2008年6月27日(金)28日(土)

中央社保協第52回総会開かれる

 6月27日(金)、28日(土)の2日間、熱海のホテルで、第52回中央社会保障推進協議会の定期総会が、19団体27人、38県社保協46人、3地域社保協4人他運営委員、事務局合計90人の出席により開催されました。

080627_2  吉田万三代表委員が開会の主催者あいさつ、座長に上野美知代さん、高橋信一さんを選任した後、山田稔事務局長が総会議案を提案しました。2007年度決算報告を相野谷安孝事務局次長が報告、鈴木蔵人監査委員が会計監査の結果を報告しました。次いで、2008年度予算について相野谷事務局次長が提案しました。

 活発に意見表明、討論。

080627_4  提案、報告を受けて、第1日目は15人が発言。2日目は16人が発言しました。発言は後期高齢者医療制度に反対する運動が各地で取り組まれ、大きな国民世論を作ったこと。この力で、制度の廃止・撤回を必ず実現しようとの発言が多くをしめました。この他、障害者問題、国保問題、子育て支援の問題など、いろんな内容でも発言がされました。(詳細は、今080627_5 後の中央社保協ニュースなどをご参照ください。)

 2日目に山田事務局長が発言をふまえての総括答弁を行ったのち、議案は全員一致で採択されました。2008年度の役員提案があり、全員一致で新役員が選出されました。

代表委員:住江憲勇さん、柴田真佐子さん、吉田万三さん、成平正英さん、井上賢二さん、事務局長:山田稔さん、事務局次長:阿部綾子さん、石川芳子さん、相野谷安孝さん、運営委員(22人…氏名略)、監査委員(2人)。

 総会アピールの提案があり、全員一致で採択されました。(ファイル参照) 「08062852.doc」をダウンロード

080627_6  最後に、住江憲勇代表委員から2008年度運動を全力でたたかっていこうと決意が述べられ、総会は力強いたたかいの決意みなぎり閉会しました。

 今後、秋の臨時国会にむけて、「後期高齢者医療制度の廃止法案」の衆議院での審議入りをさせ、制度廃止が実現するように、各地で衆議院議員に向けた「緊急署名」を取り組みましょう。

 みなさん、各地の社保協に団結して、これまでのつながりの枠をさらに押し広げ、運動を大きくしていきましょう。頑張りましょう。

日本高齢者運動連絡会 事務局長  山田栄作

|

« 東京生存権裁判で不当判決 | トップページ | G8 市民サミット2008 »

健康とくらし」カテゴリの記事

コメント

社保協の総会が終わりました。後期高齢者医療制度の今後について展望が明らかになったのでしょうか?何か物足りなさを感じます。まちにあふれた高齢者の不満や怒りは当分消えることはありません。これをどう組織して運動を続けられるかが勝負ではないのか?臨時国会もそう簡単に廃止法が成立しそうもありません。解散総選挙も直ぐには動かないのではないでしょうか?展望として高齢者医療の無料化の要求を打ち出す時期ではないでしょうか。その要求を掲げて高齢者を結集し、総選挙に備えることが求められていると思うが、みなさんどうですか?意見を聞かせてください。

投稿: 松岡 勉 | 2008年7月13日 (日) 08時07分

いよいよ9月に入りました。第22回日本高齢者大会in新潟まで1週間となりました。全国のみなさん、成功のための最後の奮闘をしましょう!今度の高齢者大会も福田首相が政権を投げ出した直後で、臨時国会が予定どおり開催されるかどうか、政権はどう動くのか?後期高齢者医療制度の廃止法案は何時から審議に入り、可決できるのか、重要な時期の大会となりこの成功が政治展望を動かすチャンスとなりそうです心がわくわくしますね。新潟でお会いしましょう。

投稿: 松岡 勉 | 2008年9月 2日 (火) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500702/41695688

この記事へのトラックバック一覧です: 中央社保協第52回総会:

« 東京生存権裁判で不当判決 | トップページ | G8 市民サミット2008 »