« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

大分県実行委員会結成

2009年1月24日(土)

第23回日本高齢者大会(別府) 大分県実行委員会が結成されました

1月24日(土)午後2時から、大分県医療生協の医療生協会館会議室にて、第23回日本高齢者大会大分県実行委員会の結成会議が行われ、参加者一同全員一致により、大分県実行委員会が結成されました。

01 参加者の団体は次の通り。(順不同、山田のメモによるので、間違ってる場合は許してください。正しいのをお知らせください)

①大分県勤労者医療生協、②新日本婦人の会、③大分県年金者組合、④大分自交労協、⑤コープおおいた、⑥建交労、⑦原水協、⑧全生連、⑨うたごえ、⑩県商連、⑪大分県医療生協、⑫大分県高齢者運動連絡会の12団体より38人。

このほか、実行委員会に参加を表明された団体は、⑬大分県社保協、⑭県労連、⑮介護保険を良くする大分の会、⑯民商共済会婦人部、⑰大分民商

02 篠崎次男 日高連顧問が高齢者大会の歴史と意義について、資料をもとに報告されました。

会議報告はここをクリック「090124.doc」をダウンロード

03 会議では、実行委員会の役員が全員一致で選ばれました。

いよいよ、大分県実行委員会が始動します。

全国の皆さま、今から準備して、大分県別府市で開催される、第23回高齢者大会でお会いしましょう。

011 012 25日の帰りの飛行機から見えた富士山をご覧ください。富士山はどっしりと悠然とそこに在りました。私たちも富士山に負けないように、運動をがんばりましょう。

そして、総選挙では私たちの要求を実現する候補者を当選させて、後期高齢者医療制度を必ず廃止させましょう。みんなでがんばりましょう。

日本高齢者運動連絡会事務局長  山田栄作

| | コメント (1) | トラックバック (0)

葛飾社保協が区の介護保険事業計画に意見

2009年1月15日(木)

葛飾社保協が葛飾区介護保険課に意見を上申

1月14日、葛飾社会保障推進協議会は葛飾区の介護保険課に「葛飾区の介護保険事業計画」(案)に対する意見を申し述べました。

意見書はこちら「090114.doc」をダウンロード

現在、各地方自治体は介護保険の見直しに対する意見聴取をしていると思います。葛飾社保協にならい、各地でも介護保険計画に対して、意見を申し述べましょう。

日本高齢社運動連絡会事務局長  山田栄作

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2・1高齢者中央決起集会

2009年1月8日(木)

2・1高齢者中央決起集会のご案内

 集会案内チラシはこちらをクリック「090201.doc」をダウンロード  

一昨年来の私たち国民の大きな運動によって、後期高齢者医療制度については政府・厚生労働省も「見直し」を表明しています。しかし、制度の根幹はそのまま残して、小手先のごまかしで乗り切ろうとしています。国会では参議院で廃止法案が可決されましたが、衆議院での審議がほとんどなされておりません。

 私たちの要求は「制度の廃止」です。75歳で高齢者を差別する医療制度は廃止以外にありえません。新年を迎え、あらためて私たち国民の大きな運動を盛り上げて、どうしても制度廃止を実現させましょう。

 ① 「廃止せよ」の署名をもっと集めましょう。

 ②各地の老人会・老人クラブ、婦人会、町内会などあらゆる団体を訪問し、申入れを行いましょう。

 ③地方議員、国会議員の地方事務所などに要請行動を繰り返しましょう。

 ④「不服審査請求」をさらに広めましょう。一人ひとりの気持ちや意見を書いて、行政当局や国会に突きつけましょう。(各地の高齢者運動連絡会と日高連にも、これらの情報をお寄せください)

みなさん、2月1日(日)は、高齢者中央決起集会に集まりましょう。

日本高齢者運動連絡会事務局長  山田栄作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

2009年1月5日(月)

あけましておめでとうございます

2009年を迎えました。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年の第23回日本高齢者大会は9月14日(月)15日(火)の二日間、大分県別府市のビーコンプラザを会場に開催いたします。

全国の皆様 どうぞ皆様の計画に組み入れていただき、別府にてお会いしましょう。

今年は総選挙が行われます。後期高齢者医療制度の廃止を実現するためにも、私たち高齢者と国民の声を聞く政治家をしっかりと選びましょう。そして、必ず後期高齢者医療制度を廃止させましょう。全国各地からさらに高齢者の切実な声を集めて、頑張りましょう。

9月14日には、元気なお顔の再会を心待ちにしています。

080908 昨年の第22回大会の全体会(新潟市)の模様

「年越し派遣村」を応援しよう

年末から始まった日比谷公園での「年越し派遣村」。特に大企業の身勝手な雇用切捨てに対して、やむにやまれず立ち上がった若者たち。若者の働く場を保障させること、住む場所を確保すること。生きるというあたりまえのことを保障させるために、私たちもできることで応援しましょう。頑張れ!

日本高齢者運動連絡会事務局長  山田栄作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »