« 生存権裁判で福岡地裁が不当判決 | トップページ | 高齢期運動リポート85号 »

野党4党が「母子加算復活法案」を提出

2009年6月5日(金)

「母子加算復活法案」を野党4党が共同で衆議院に提出。

6月4日、民主党・日本共産党・社民党・国民新党の野党4党は、生活保護の「母子加算の復活」をもとめて、「法案」を衆議院に提出した。関連資料はここ「090604.pdf」をダウンロード

毎年、社会保障費2200億円の削減などで、国民の医療・介護・福祉など生活分野の予算は削り取られている。国民が安心して生活し暮らしていけるようにすることは、国の責任である。

野党4党の共同の提案を歓迎し、一刻も早く母子加算が復活するように私たちも声を集中しましょう。

日本高齢者運動連絡会事務局長  山田栄作

|

« 生存権裁判で福岡地裁が不当判決 | トップページ | 高齢期運動リポート85号 »

健康とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500702/45242022

この記事へのトラックバック一覧です: 野党4党が「母子加算復活法案」を提出:

« 生存権裁判で福岡地裁が不当判決 | トップページ | 高齢期運動リポート85号 »